ミドリムシ 化粧品

毛穴が気になっても洗顔は2回まで

毛穴の汚れをそのままにしていると、肌トラブルのもと。
ニキビや毛穴の黒ずみの原因となってしまいます。
クレンジング、洗顔で汚れを落とす、そして汚れが落ちた毛穴を化粧水で引き締めて閉じるという基本的なケアをしっかり行うことがとても大切なのです。

 

しかし、清潔にしているつもりでも毛穴を詰まらせる原因となる行為があります。

 

それは、洗顔のしすぎです。

 

汚れが気になるからといって、一日に何度も洗顔していませんか?
良かれと思っていた行為が逆効果に。
必要以上に洗顔を行うと、肌の水分は奪われ、潤い成分も流されてしまい、角質層のバリア機能が低下してしまいます
バリア機能が低下した肌は、乾燥から外部からの刺激から守るために、角質を厚くさせてしまいます。
毛穴は厚くなった角質で塞がれ、詰まりの原因となってしまうのです。

 

洗顔は朝晩の2回で十分です。その後しっかり保湿を行ってください。
かなりのオイリー肌の人で、3回まで、それ以上行うと肌にとって必要なものまで取り除いてしまいます。

 

スクラブ洗顔は肌に良くない?

スクラブ洗顔の効果は、専門家の中でも賛否両論があり、毛穴の汚れや古い角質が取り除けるという方もいれば、せいぜい取れて毛穴の入り口辺りの汚れ程度という方もいます。
実際、スクラブ洗顔には、毛穴の汚れや角質を根こそぎ取り除くほどの効果はありません。
逆にいえば、必要な皮脂や角質まで取り除いてしまう心配もないということです。
いづれにしても、化粧品は安全に作られているため、使ったからといって肌に悪いわけではありませんので安心してください

 

しかし使い方を間違えれば肌トラブルの原因となってしまいます。
思うように汚れが取れないからといって、過剰に力を入れてこすれば、肌は傷ついてしまいます。
軽くマッサージするような感覚で行ってください。
粒子が小さくて、軟らかいタイプのものであれば、肌を傷つける心配がありません。
また、ぬるま湯を少し含ませて使うと、滑らかになり肌あたりが優しくなります。

 

スクラブ洗顔の効果を理解し、使用上の注意点をしっかり守って使うようにしましょう。

 

洗うのは毛の生えている部分だけで良い

肌の老化の一つに、洗いすぎが挙げられます。
体の垢は、角質、皮脂、善玉菌の3つで、これらは皮脂の保護膜でもあります。
それをこすり落としてしまうことは、外敵が体に侵入しやすい状態にさせてしまうことになります。

 

また、タオルなどでゴシゴシ洗いするのは肌のバリア機能を失うだけでなく、シミの原因にもなってしまいます。
体を洗う時は、手のひらでなで洗いする程度がベストなのです。
石鹸も洗浄力が強いですので、皮脂を取り過ぎてしまいます。

 

石鹸を使って洗うのは、髪の毛以外の毛が生えている部分だけでかまいません。
脇や陰部の毛の生えている部分には、アポクリン線があります。
アポクリン線から体臭が放たれますが、これは異性を引き付けるためのフェロモンでもあります。
この体臭を毛に絡みつかせ、発酵させて臭いを発生させるのです。
その為に脇毛や陰毛が存在するのです。

 

体臭があることは決して異常ではありませんが、やはり臭い強いと気になるものです。
臭いを抑えるために石鹸を使う、であれば臭いを出す部分、すなわち毛の生えている部分だけで十分です。