ミドリムシ 化粧品

B.C.A.Dは安心の無添加処方

B.C.A.Dは鉱物油、パラベン、合成香料、着色料がすべて無添加。
防腐剤などで反応する敏感肌の人でも使用できるようにお肌に優しい処方となっています。

 

例えば、B.C.A.Dには合成香料ではなく、レモン果皮油、ベルガモットやローズマリーなどの天然ハーブ由来の精油だけを使用しています。

 

アトピーなどの敏感肌の人が使えるエイジングケア化粧品というのがなかなかないので、この刺激成分無添加処方はとてもうれしいですよね。

 

無添加の基礎化粧品を購入する時には

無添加化粧品を使う人が増えていますが、どういう商品が無添加の基礎化粧品なのでしょう。

 

無添加の基礎化粧品と聞くと配合されている成分が肌に良さそうというイメージを多くの人が持っていると思います。
ただし、無添加という言葉はっきりとした定義は存在しません。
無添加化粧品と書かれていても、厳密にはそうでないこともあります。

 

添加物にも合成物と天然成分がありますし、着色料や香料は入っておらず、保存料や酸化防止剤は入っている場合もあります。
無添加と書かれている基礎化粧品の中には、着色料や香料は入ってなくても、界面活性剤は入っていて、肌によくない場合もあります。
アレルギー症状にかかわっているパラペンが入っているような基礎化粧品でも、無添加化粧品という売り方をしている場合もありえます。
無添加と書かれている時には、界面活性剤や着色料、香料については無添加だったという基礎化粧品もあります。

 

商品を選ぶ際には、無添加という言葉に惑わされるのではなく、表示されている成分すべてをパッケージで確かめてみる必要があるでしょう。
また、オーガニックという言葉が人気を集めていることもあり、無添加オーガニックの基礎化粧品もよく売れていますが、必ずしもオーガニック成分だけの化粧品とは限りません。
わずかでもオーガニックの成分が入っていれば、記載しても問題はなしと考えているメーカーも少なくないために起きる現象です。
保存性を高めるための成分が入っていないことから、無添加化粧品は使用期限が短かったり、冷蔵庫保管をしなければいけないこともあります。
基礎化粧品を選ぶ時に、無添加であることを重視したいなら、配合成分表をチェックするなどして、確かめることが大事です。

 

無添加成分によって適する基礎化粧品を選択する

基礎化粧品を選ぶ時には、肌タイプに合う無添加化粧品を選択するといいでしょう。

 

化粧品選びでは、天然自然の原材料や、オーガニック成分が人気があります。
基礎化粧品を選ぶ時には、安全性や、信頼性を重視する人がふえています。
以前、名の知れた化粧品会社が、商品に難ありとして販売した商品を回収したトラブルがあります。
このトラブルが発生した時に、表沙汰になった人だけでなく、実は化粧品の影響を受けていたのではないかという人もいて、大きな騒ぎになりました。

 

ロドテノールという成分によって、お肌に白斑ができてしまうというもので、治癒が難しいことが問題になりました。
白斑のリスクがある成分は、ロドテノールだけではありません。
ハイドロキノンや、ハイドロキノンモノベンジルエーテルも、白斑の出る可能性があります。
これらの成分は今のところ規制対象になっていませんが、それは少量使う限りにおいては肌へのトラブルが少ないと考えられるためです。

 

無添加と記載されている基礎化粧品でも、一般的に考えられている添加物が一切入っていないわけではありません。
無添加化粧品と書かれていても、指定された成分が入っていないことを意味するだけで、事実は曖昧なこともあります。
防腐剤、殺菌剤、界面活性剤、タール系色素など、添加物として用いられている成分は色々ありますが、そういった成分が入っていないものを無添加と言い切っていいとはいえません。

 

日々肌につけ続けるものですから、納得のいく基礎化粧品選びをしたいものです。
繊細な肌にじかにつける基礎化粧品を選ぶ時は、添加物の有無や肌への作用などをじっくり検討してください。

 

無添加基礎化粧品に配合されている成分について

基礎化粧品を選ぶ時に、無添加のものがいいという人は大勢いますが、無添加と書かれているからといって添加物が全くないとは言い切れません。
世間一般のイメージとして、無添加と書かれているものならば、お肌への刺激が少ないと考えられがちのようです。
基礎化粧品を購入する時に、無添加だから肌に良いという理由で選択してしまうのは、少し注意しなければなりません。
基礎化粧品はその名の通り、お肌を整えるための基礎となる大切なものです。

 

無添加化粧品として売り出されている基礎化粧品の中には、どういう意味で無添加と書いているのか明記されていないものがあります。
無添加という言葉を表記できる商品とは、添加物としての表示義務がある成分が使われていない化粧品に対して書くことができるというものです。
アレルギーを警戒しなければならない成分に基づいて、化粧品表示指定成分が決められています。
ですが、化粧品表示指定成分とは何十年も前に定められた成分なので、近年つくられた新しい成分は対象外なのです。

 

新たに配合されるようになった成分すべてが、絶対に安全なものかどうかは、決して断言することはできません。
それでも、化粧品表示指定成分以外の化学成分が入っている場合でも、無添加と表示している基礎化粧品があるかもしれません。
基礎化粧品の成分表示を確認すれば、どういう意味での無添加かがわかりますので、商品選びの参考にするといいでしょう。

 

基礎化粧品は、いずれのメーカーも安全性に力を注いでいるものですが、自分のお肌につけるものですから、十分に確認をして、納得のいく商品を選択してください。